毎年秋には、長岡市内で、ツキノワグマの出没情報が多く寄せられています。
連休期間中にハイキングやレジャー等で入山する際は、
クマの被害に遭わないよう十分にご注意ください。
また、畑や自宅の庭等にある収穫予定がない農作物、
生ごみをそのままにしないようにすることにより、クマだけでなく、
イノシシ等の動物の誘引を防ぐことにも繋がりますので、
適切な処理や早めの撤去を心掛けてください。

 

【クマと出遭わないためには】
① 鈴・ラジオ・笛などの音の出る物を携帯する。
クマは基本的に人を避けて行動しています。
音を立てて自分の存在を知らせ、近づけないようにすることが重要です。
また、雨や風の強い日のような音の聞こえづらい日は、入山を控えましょう。

② 複数人で行動する。
人身被害で多いのが、単独行動中に発生するケースです。
特に入山中は、必ず複数人で行動しましょう。
山に近い所での農作業をする場合も、単独での作業は極力避けましょう。

③ 出没しやすい早朝や夕方の外出は控える。
クマは早朝や夕方に食べ物を探すため、行動が活発になります。
出没している地域では、これらの時間帯での外出は控えましょう。
また、子グマは日中でも行動していることがあります。
常に注意を怠らないようにしてください。

 

クマを見かけたら、長岡市役所又は最寄りの警察署へ連絡してください。

 

長岡市内のクマ出没状況については、こちら

新潟県のホームページ「ツキノワグマによる人身被害を防ぐために」は、こちら

新潟県鳥獣被害対策支援センターのホームぺージは、こちら

Share on Facebook
LINEで送る