危険な暑さに熱中症警戒を!

例年、気温が高い日に、熱中症による救急搬送が多くなっています。
市内でも、熱中症の疑いにより死亡に至る事例が発生しました。
熱中症は、温度の高い状況下で、体内の水分と塩分のバランスが崩れて、体温の調節機能がうまく働かなくなることで、さまざまな症状があらわれます。
例年と違い、マスクの着用や外出自粛などの新型コロナウィルス感染症対策が続く中、いつも以上に、熱中症に注意し予防しましょう。

 

〇熱中症を起こしやすいのは
・こんな時…気温や湿度が高い 急に暑くなり、風が弱い 日差しや照り返しが強い
・このような人…乳幼児・高齢者 持病のある人 寝不足 体調の悪い人 肥満の人 暑さに慣れていない

 

〇熱中症予防のポイント
・水分をとる工夫
 のどが渇いていなくても、こまめに水分をとりましょう。
・暑さを避ける
 感染症予防のため、冷房時でも換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
・外出時の注意点
 日差しが強い午前10時~午後3時頃は避けて、早朝や夕方に外出しましょう。
・服装の工夫
 ゆったりとした服装で襟元をゆるめ、帽子も活用しましょう。
・体調を整える
 十分な睡眠をとり、バランスのよい食事をきちんと3食食べましょう。日頃の体温測定や健康チェックは、新型コロナウィルス感染症だけでなく、熱中症を予防するうえでも有効です。
・適宜マスクをはずす
 屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合はマスクをはずしましょう。
マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離をとったうえで、適宜マスクをはずして休憩しましょう。

 

令和2年度の熱中症予防行動の留意点について(PDF 928KB)
令和2年度の熱中症予防行動(PDF 680KB)

 

 今年の夏は、平年並みもしくは平年よりも高い暑さが予想されます。こまめな水分補給を心掛け、外出時には帽子をかぶる、日陰を歩くなど、対策をしっかり行い熱中症を予防しましょう。
 夜間や室内でも熱中症は起こります。市民の皆様には節電の取組をお願いしているところですが、必要に応じてエアコンや扇風機なども上手に使いながら、熱中症になりにくい環境を作っていきましょう。

 

熱中症に関するホームページをご紹介します

熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレット・カード、暑さ指数(WBGY)予報ほか

「携帯電話用QR コード」の画像
▲携帯電話用QRコード
「スマートフォン用QRコード」の画像
▲スマートフォン用QRコード

天気予報、気象情報、異常天候早期警戒情報ほか

健康のために水を飲もう運動

職場における熱中症予防対策

  • 厚生労働省ウェブサイト
     厚生労働省のウェブサイト「熱中症関連情報」では、熱中症予防に対する厚生労働省の取組や、職場における労働衛生対策などを掲載しています。
  • スポーツ庁ウェブサイト
     新型コロナウイルス感染症の拡大防止と運動・スポーツの実施における留意点等については、スポーツ庁より情報提供されています。

全国における熱中症傷病者救急搬送に関する情報

熱中症予防声掛けプロジェクト

 

熱中症予防について

担当:長岡市健康課(39-7508)

Share on Facebook
LINEで送る