新潟地方気象台によると下越と中越では、29日にかけて土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒を必要としています。

 

 
[要因]
 梅雨前線が、朝鮮半島付近から日本海を通って東北地方に停滞しており、前線上の日本海中部には低気圧があって東に進んでいます。前線は29日にかけて、本州付近を南下する見込みです。
 下越と中越ではこれまでの大雨により、土砂災害や洪水の危険度が高まっている所があります。

 

[雨の予想]
 新潟県では、29日明け方にかけて1時間に20ミリ以上の強い雨の降る所がある見込みです。
 28日21時から29日21時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 下越  50ミリ
 中越  80ミリ
 上越  80ミリ
 佐渡  15ミリ の見込みです。

 

[防災事項]
 下越と中越では、土砂災害や洪水の危険度が高まっている地域があります。29日にかけて土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒してください。新潟県では、低い土地の浸水、落雷や突風に注意してください。

 

[特記事項]
 今後発表する警報、注意報、気象情報等に留意してください。

 

 最新の情報はこちらをご覧ください。

Share on Facebook
LINEで送る