令和元年11月4日午後1時頃、山古志東竹沢地内の山中できのこ採りしていた女性がクマ1頭に遭遇し、頭部を負傷する被害が発生しました。

今年は餌となるブナの実が凶作のため、人里へ出没する可能性が高まっています。次の点に注意しましょう。

①    山に入るときは、鈴やラジオなど音の出るものを携帯する
②    単独での行動を避ける。クマの活動が活発な早朝や夕方、夜間の外出は極力控える。
③    生ごみや収穫の予定がない農作物(※柿、栗は要注意)は、適切な処理や早めの撤去を心掛ける。
④    車庫や倉庫にクマが入らないようシャッターや扉は閉めるようにしましょう。

 

クマを見かけたら、長岡市役所又は最寄りの警察署へ連絡してください。

長岡市内のクマ出没状況については、こちらをご覧ください。

新潟県のホームページ「ツキノワグマによる人身被害を防ぐために」は、こちらをご覧ください。

Share on Facebook
LINEで送る