気象台から「大雨と雷及び突風に関する新潟県気象情報 第1号」が発表されました。明日明け方にかけて、大雨警報を発表する可能性がある見込みのため、今後の気象情報に留意願います。

 

○大雨と雷及び突風に関する新潟県気象情報 第1号

 

(平成28年 7月13日05時37分 新潟地方気象台発表)

 

(見出し)

 

新潟県では、14日明け方にかけて、雷を伴って激しい雨の降る所がある見込みです。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害、落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。

 

(本文)

 

[要因]

13日から14日かけて、寒気を伴った気圧の谷が、日本海を東に進む見込みです。このため新潟県では、14日明け方にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

 

[雨の予想]

新潟県では、14日明け方にかけて、1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

14日6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、

 上中下越 100ミリ

 佐渡    80ミリ

の見込みです。

 

[防災事項]

大雨による低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意してください。

また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうのおそれがあります。屋外活動等に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

Share on Facebook
LINEで送る