例年、春先は空気が乾燥するため、火災が発生しやすくなります。特に林野火災については例年3月から5月にかけて多く発生するため、以下の点等に気をつけてください。

 

(1)山に入る時は、火の取り扱いに厳重に注意しましょう

(2)特に、たき火や野焼きの不始末・不注意には気をつけましょう

(3)たばこの投げ捨ては、絶対にやめてください

Share on Facebook
LINEで送る