新潟地方気象台によると、新潟県では、28日夜遅くから29日夕方にかけて土砂災害に警戒が必要です。また、29日夕方にかけて低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

 

[要因]
低気圧が発達しながら日本海を北東に進んでいます。低気圧からのびる前線が対馬海峡を通って華中に達しており、活動が活発となっています。29日朝には低気圧が千島近海に進み、前線は東日本まで南下し、30日にかけて、西日本から東日本に停滞する見込みです。
このため新潟県では、29日にかけて、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

 

[雨の予想]
新潟県では、28日夜のはじめ頃から29日夕方にかけて雷を伴って1時間30ミリの激しい雨の降る所がある見込みです。
29日18時までの24時間に予想される降水量は、多い所で、
下越   80ミリ
中越   80ミリ
上越  100ミリ
佐渡   50ミリ
その後、30日18時までの24時間に予想される降水量は、新潟県の多い所で、およそ50ミリの見込みです。

 

[防災事項]
新潟県では、28日夜遅くから29日夕方にかけて土砂災害に警戒が必要です。
29日夕方にかけて低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。屋外活動に十分注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。また、ひょうの降るおそれがありますので、農作物等の管理にも注意が必要です。

 

[特記事項]
今後発表する警報、注意報、竜巻注意情報、気象情報等に留意してください。

 

[情報の発表予定]
次の「大雨と雷及び突風に関する新潟県気象情報」は、29日6時頃に発表される予定です。
(URL)https://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/323_index.html

Share on Facebook
LINEで送る