春はクマが冬眠から明けて行動を始める時期です。

今年は、暖かい気候が続いてるため、クマの冬眠明けが早い見込みです。

また、春は子連れグマの出没が多い傾向にあります。

子グマの近くには必ず母グマがいます。

母グマは子グマを守るため襲ってくる場合がありますので、子グマには絶対に近づかないでください。

 

【クマと出遭わないためには】

① 山菜採りやレジャー等で入山する場合は、複数人で行動しましょう。

単独行動は危険です、絶対にやめましょう。

山に近い所での農作業をする場合も、単独での作業は避けましょう。

 

② 鈴・ラジオ・笛などの音の出る物を活用しましょう。

クマは基本的に人を避けて行動しています。

音を立てて自分の存在を知らせ、近づけないようにすることが重要です。

また、雨や風の強い日など音の聞こえづらい日は入山を控えましょう。

 

③ 出没しやすい早朝や夕方の入山は避けるようにしてください。

クマは早朝や夕方に食べ物を探すため、活動が活発になります。

なお、クマは夜行性の動物ですが、子グマは日中でも行動していることがあ

ります。入山中は、常に注意を怠らないようにしてください。

 

クマを見かけたら、長岡市役所又は最寄りの警察署へ連絡してください。

長岡市内のクマ出没状況については、こちらをご覧ください。

新潟県のホームページ「ツキノワグマによる人身被害を防ぐために」は、こちらをご覧ください。

Share on Facebook
LINEで送る