県内では、平成30年9月23日妙高市において、60歳代の男性がクマに襲われ、顔、頭を負傷しました。また同26日には、新発田市においてもきのこ採りで山に入った40歳代の男性がクマに襲われ、手を負傷する人身被害が発生しました。

秋はクマがエサを求めて活発に活動する時期です。きのこ採りやレジャーで入山する場合は、できるだけ複数人で行動しましょう。鈴・ラジオ・笛などの音の出る物を活用し、クマに自分の存在を知らせるようにしましょう。また、今年はクマのエサとなる奥山のブナが「不作~並作」であり、今後、クマの人里への出没が多くなることが想定されます。クマが出没しやすい早朝や夜間の外出はできるだけ避けるようにしてください。

クマを見かけたら、長岡市役所又は最寄りの警察署へ連絡してください。

長岡市内のクマ出没状況については、こちらをご覧ください。

新潟県のホームページ「ツキノワグマによる人身被害を防ぐために」は、こちらをご覧ください。

Share on Facebook
LINEで送る