8月8日(水)午後1時現在、強い勢力の台風13号は千葉県勝浦市の南南東およそ200キロの海上を時速約15キロで北北西に進んでいます。今後は勢力をほぼ維持しながら北西に進み、8日(水)夜から9日(木)昼頃にかけて東日本に接近・上陸する恐れがあります。その後は次第に東寄りに向きを変え、三陸沖を北東に進むと予想しています。

 

新潟地方気象台によると長岡市には9日(木)の昼から夕方にかけて最接近する見込で、中越地方の山沿いでは、9日(木)昼前から夜遅くにかけて短時間強雨(25mm/h)の恐れがあり、台風が過ぎた後も10日(金)の日中にかけて降雨が続く見込みのため、土砂災害に注意が必要です。
また、8日(水)午後8時から9日(木)午後2時頃まで風が強まる見込みです。

 

今後の台風の進路によっては、気象予報が変わることもありますので、今後気象台が発表する最新の気象情報等に留意するとともに土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水等にご注意ください。

Share on Facebook
LINEで送る