725日(水)に日本の南海上で発生した台風12号は、26日(木)午後12時現在、沖ノ鳥島近海をゆっくり東北東に進んでおり、今後は発達しながら北東に進み、27日(金)に強い勢力で父島付近を通過する見込みです。28日(土)夜頃に東日本に上陸して、29日(日)朝頃にかけて本州を横断することが予想され、東日本を中心に、暴風、大雨、高波、高潮などに警戒が必要です。

ウェザーニューズ社の予報によると、長岡市では、28日(土)の夜から29日(日)の朝にかけて大雨や強風に注意が必要となり、29日(日)午前1時頃に最も接近します。

今後の台風情報に留意するとともに、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水等にご注意ください。

Share on Facebook
LINEで送る