このたびの豪雪により、堆雪による歩道アーケードが倒壊する事例が発生したほか、各地域で住家や車庫などの倒壊や除雪作業中の人身事故も発生しています。

下記の点に特に注意し、豪雪・寒気に対する備えをお願いします。

 

1 建築物等の適切な管理について

建築物の所有者等におかれましては、過大な積雪により建築物が倒壊しないよう、安全を確保された上での雪下ろしに努めていただくようお願いします。
特に建築年の古い木造住宅、カーポート、アーケード、雁木等の屋根状況の安全確認をお願いします。また、雪庇などの落下によるけが等にも注意を願います。

 

2 屋根の雪下ろし、除雪作業での注意について

2人以上で作業し、やむを得ず1人で行う場合は、家族や隣近所に声をかけ、時々様子を見てもらってください。

屋根の雪下ろしなど高所で作業する場合は、はしごをしっかり固定、命綱・安全帯・ヘルメットを着用し、足を滑らせないようにご注意ください。
また、雪下ろし、除雪作業については、可能な限り地域の皆様で御協力いただきますようお願いいたします。

 

3 水道管の破裂・漏水と凍結防止について

今年度の冬は例年にない強い寒気の影響により、凍結による宅地内の水道管等の破損に伴う漏水の多発や、凍結防止のためのじゃ口からの過度の放水のため、浄水場で水をつくる能力を超えてしまう恐れがあり、広い範囲で断水となる場合があります。
宅地内漏水の早期発見・修理にご協力ください。また、凍結防止のため、水を細く出しておくことも有効ですが、必要以上に出さないようご協力ください。

Share on Facebook
LINEで送る