気象台によると、発達した低気圧がオホーツク海でほとんど停滞し、日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、北陸地方の上空約5000メートルには氷点下33度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置は28日(木)にかけて続く見込みです。

 

[風の予想]
27日(水)にかけて海上を中心に、雪を伴って非常に強く吹き、中越地域における最大風速(最大瞬間風速)は、陸上16メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

[波の予想]
 27日(水)にかけて予想される波の高さは、中越地域で6メートル

 

[雪の予想]
27日(水)にかけて、山沿いを中心に大雪のおそれがあります。
26日(火)17時から27日(水)9時までに予想される降雪量は、多い所で、中越地域で平地25センチ、山沿い70センチ
27日(水)18時までに予想される24時間降雪量は多い所で、100センチ
その後、28日(木)にかけて山沿い中心に雪が降り続き、降雪量はさらに多くなる見込みです。

 

27日(水)にかけて暴風雪や大雪による交通障害に警戒してください。 
また、電線や樹木への着雪、なだれ、落雷、突風にも注意してください。

Share on Facebook
LINEで送る