9月15日(金)午前6時57分頃、北朝鮮西岸からミサイルが東に向け発射されました。

ミサイルは、午前7時16分頃、北海道の襟裳岬東方約2,200kmの太平洋上に落下したものと推定されます。

現在、市内への被害は報告されていません。

引続き情報収集にあたり、続報が入り次第、お知らせします。

 

 ◆緊急情報の内容について
弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性があると判断された場合、以下の情報が配信されます。
①発射情報
まずミサイル発射情報が伝達されます。続報が伝達されるため、落ち着いて続報に備えてください。
②屋内退避の呼びかけ
日本の領土・領域内にミサイルが落下する可能性があると判断された場合、直ちに避難をするよう伝達があります。屋外にいる場合は、落ち着いて近くの建物など、できるだけ頑丈な建物内に避難してください。
③落下情報
日本の領土、領海に落下した場合、落下した場所等の情報が伝達されます。

その他、日本の上空を通過したことが確認された場合、日本の領海外の海域に落下した場合等に情報が伝達されます。

 

 

 

◆市民の皆様へ
弾道ミサイルの情報が伝達された時は、落ち着いて行動してください。
日本の領土・領海に落下する可能性があると判断され、「屋内退避」が呼びかけられたら、屋外にいる場合は直ちに近くの頑丈な建物内に避難してください。屋内にいる場合は、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
長岡市では、情報が入り次第、ながおか防災ホームページ、Facebook、Twitterへの掲載でお知らせします。その他、テレビやラジオなどのメディアを活用して、引き続き情報収集に努めてください。
国民がとるべき行動について、国(内閣官房)がとりまとめましたので、参考にしてください。
弾道ミサイル落下時の行動について(外部サイト)

 

弾道ミサイル落下時の行動について(その2)(外部サイト)

 

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(外部サイト)

 

さらに詳しい情報については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)をご覧ください。

 

 

 

―――――――――――――
長岡市危機管理防災本部
TEL:0258-39-2262
FAX:0258-39-2283

 

Share on Facebook
LINEで送る