毎年、雪道の運転中の事故が発生しています。

雪道や凍結路を走行するときは、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを準備するだけでなく、以下のことに気を付けて慎重な運転を心がけましょう。

 

(1)アクセルは徐々に踏み込むようにしましょう。

   走りが安定してから徐々に加速することを心がけましょう。

(2)エンジンブレーキを活用しましょう。

  下り坂や交差点ではフットブレーキのみに頼らず、エンジンブレーキを活用しましょう。

(3)スピードは控えめに、車間距離をとりましょう。

  凍結している道路や雪が降り積もっている道路では、特にスピードは控えめに、前の車との車間距離は十分すぎるくらい保つようにしましょう。

(4)路面の凍結にご注意ください。

  夜間や早朝の気温の低い日は、路面に雪が無く、黒く見える状態でも、路面が凍っていることがあります(ブラックアイス)。スリップに注意してください。

(5)バッテリー上がりに注意しましょう。

  ヘッドライト、ワイパー、熱線ガラス(リアウインドーのデフロスター)、エアコン、カーステレオを一斉につけた状態で、渋滞などの遅い速度での運転が続くと、バッテリーが上がってしまうことがあります。

(6)チェーンの装着は早めに行うようにしましょう。

  峠道などは先に行くほど勾配が急になり、チェーンの装着場所も少なくなる場合があります。

(7)ライトを点灯しましょう。

  強い降雪や吹雪のときは視界が悪くなります。ライト点灯は自分が前を見るためでなく、相手に自分の位置を知らせる為の点灯でもあります。

 

長岡国道事務所「雪道運転テクニック」はこちらから

Share on Facebook
LINEで送る