気象台によると、北日本の上空約5000メートルには氷点下36度以下の寒気が流入しており、強い冬型の気圧配置が13日(金曜日)にかけて続く見込みです。その後も15日(日曜日)にかけて強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置はさらに強まる予想となっています。

 

[雪の予想]

13日06時までの24時間降雪量は、多いところで、

中越地域の平地60センチ、山地90センチの見込みです。

お出かけの際には、ふぶきによる交通障害、なだれ、落雷や突風等に注意するとともに、早めのチェーン装着、スコップ、牽引用ワイヤー、携帯トイレ、飲料等の備えをお願いします。

 

15日にかけて大雪は続くおそれがあるため、今後の気象台の発表する警報、注意報、気象情報に留意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る